FC2ブログ

ももんが三昧

二匹のフクロモモンガと二人の人間の同居生活を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フクロモモンガ用ネクトン等 買ってみました

迂闊でした。フクロモモンガの食生活を知るにつれ、もしかして?とは思っていたのですが、フクロモモンガは人間やモルモットと同じように体内でビタミンCを作れない事を知りました。
なら、殆ど野菜や果物を食べないうちのコ達に対しての自分の給餌は間違っているのでは?
と思い、初心に帰るべくVCが入っているフクモモ系フード達を購入してみました
  
今まで何種か試しフクモフードは食べないと思っていたのですが、サンコーハリネズミフードは多少食べるので、今回はサンコーの物を購入。
実はこちらの商品は安いので良くないのかなって勝手に思い込み試してなかったんです・・・
サンコーさんごめんなさい。

p000105.jpg


こちらのモモンガフードは驚く程甘~い匂いがします。
さすがシュガーグライダーって呼ばれる生き物の餌だな~と思います。
コタ君が好きそうな匂いですw
そしてハリネズミフードと同じく、ペレット自体が小さい。食べやすそうです。
ほんの少量ですが、2匹とも食べてくれました。やったね!
2匹は最近半生タイプの野菜入りドッグフードも食べています。
肉っぽいので、やはりヒナコの方が結構食べます。
前に5歳のフクモを飼っている方が、野菜や果物の他はそれで健康で元気だよと教えてくれたので、真似してみたのですが、実績がある方からの色々な情報は初心者には本当にありがたい♪

そして、モモンガ用ネクトンも、出て間もない上高いので二の足を踏んでいましたが、やはり評判がいいので買ってみました。
今までの我が家の、栄養補助用系まぜこぜミルク、俗称「プクプクミルク」はフクロモモンガ専用の物と言えばグライダーズエイドしか入っていなかったんですよね・・・。
やはりネクトンも甘~い香りがします。オウム用のローリーネクターよりも匂いが甘~いですw
そのままでも飲みますし、混ぜた物も喜んで飲んでいました。さすが有名どころのネクトンさんです。
あとは、二匹は入らないよな・・・と思いながらお出掛けにいいかなと買ったポーチや、オマケでついてきたものなどです。(やはり二匹は無理でしたw)

結局、我が家の「プクミル」は、モモンガミルク、ワンラックペットミルク、グライダーズエイド、鳥の雛用オリジナルフォーミュラー、フロモモンガ用ネクトン等をを混ぜた物となりました。人間が舐めてもまぁ美味しいですw
でも取りすぎは、肝臓や腎臓に負担がかかるので量には注意しながらあげています。

使い回し画像ですが家の色々です。

フロモモンガ 栄養補助サプリ


好き嫌いが無ければ、モモンガフード&野菜果物と少量の動物性たんぱく質、補助系一種類位を食べているのが一番いいんだろうとは思っています。

ただ、去年迄家にいた大陸モモンガ達は、日本の天然記念物のエゾモモンガ(大陸モモンガの亜種)とは色ぐらいしか違いが無く、交配可能な事から、国内での飼育が2006年には禁止されました。
私がPCを触るようになった頃には、もう飼い主さん達は皆ブログも止めていて、情報も少なく(当時はアメリカモモンガにも輸入規制がかかっていました)私もマイクロチップの埋め込み等をしなかったので、声を大にして飼っている事も言えず、今のように色々してあげる事も出来ませんでした。
大陸モモンガが特定外来生物に指定された事には内心で色々とお国に対して思う所もあります。
もう法律で決まってしまったのだから、今更何を思っても仕方ないのですが・・・
エゾモモンガに対しては後から呼んだって遅いんだから、トキのようにしないでね。
とでも負け惜しみをいうしかありません。
ちなみにトキが絶滅したと思っている方がいるようですが、日本に住むトキがいなくなっただけで、生物学上では絶滅していません。
学名が日本固有種みたいな名前なので絶滅したと思っている方は多いようですが、中国のトキも日本のトキも亜種ですらなく全く同じなんですよね・・・

話が脱線しましたが、私には彼らにとっての9年が幸せだったのか判りませんし、とても臆病な生き物なのに懐いてくれていた分だけ、酷いペットロスにもなり、もっとこうしてあげれば良かったのでは?と悔いばかりが残っています。
私にとっては一生飼い続けたいと思っていた生き物でした。
 
p000107.jpg


フクロモモンガも元々日本に住む生き物ではないので、突然なんらかの理由で飼ってはいけない生き物になってしまうかもしれません。
そのせいもあり、どうしても、コタ君達に対しては悔いを残したくないと考えてしまい、やりすぎっぽくなってしまっているかもしれません。

とは云え、そんなこちらの思惑には我関せずで、、ほっとくと私の上で寝転がりながらコーンばかりを食べるコタ君の無防備さには思わず笑ってしまい癒されます。

p000106.jpg


最近はコタ君もヒナコ同様、呼べば変な所で寝ていても、顔を出してくれるようになったので、可愛さもひとしおです。





スポンサーサイト

寝食い大好きコタロー君 ササミ編

先日初めて、動画をUPしてみて分かった事は、投稿ボタンを押してから、反映されるまで凄く時間がかかるという事・・・
5時間位してから反映されたので、何か自分が不手際をしたのかと思ってしまいました。

それでも、なんとなくは動画の事も判った気がするので、また懲りずに動画UPしてみます。
相変わらず暗い所での撮影なので、見づらいとは思いますが・・・

大股開きで恥ずかしげも無く偉そうに、尚且つ怠惰にササミを食べるコタロー君です。
なんだかカメラ目線なのも思わず「何様ですか?」と聞きたくなりますw

[広告] VPS


首すじを撫でると喜んでキャッキャプいっています。


コタロー君は肉を食べさせると、水で練った小麦粉みたいな食べカスを沢山だすのですが、それが何かにつくとほんとに取れない!
エサ場であげると、変な所に持っていってカスをばらまくし袋の中やなどであげると、毛や布についたりして汚い・・・
ですので、よくこんな風にして、カスを出した瞬間に取れるようにして、お肉をあげています。

私達から見ると可愛いのですが、もし、人間なら、いい年をした大人がこんなだったら最悪です。
近頃、コタロー君に対してのヒナコの視線も態度も冷たい気がするしw


駄目な子程可愛い・・・その言葉の意味が分かってきた今日この頃です。

        p00090.jpg

いや~ そんな恥ずかしい恰好でキリッとされてもねぇw


ジャンル : ペット
テーマ : フクロモモンガ

我が家のモモンガ達の食事

何度もしつこいのですがうちのコ達はペレットを食べません。
今まで食べ物が似ている動物のペレットも色々試しましたが全滅です。
リスザルさんのフードとかかなり美味しかったんですけどね・・・
皆、ワームのエサと化しております。
野菜も食べません・・・果物もあまり食べません・・・

と書くとそこそ大食漢な彼らが一体何を食べているんだろう?と疑問に思われる方も多いと思いましたので、
普段の食事を書いてみたいと思います。

ミックスベジダブル・・・・・そこそこの嵩があるので、顰蹙を買いそうですが家では主食扱いになっています。
ちなみにコタ君はコーン好きでヒナコはグリーンピース好きです。にんじんはどちらも無視です。

昆虫ゼリー3種・・・・・・・コタロー君の好物です。オオクワキングさんから購入の物を日替わりであげています。
最初ペットショップであげていたというものは、ただの砂糖水ゼリーのような感じだったので、すぐに変えました。

p00064.jpg

フルーツ・・・・・・・・・・甘いマンゴー、ブルーベリー、甘いみかん、熟柿、さくらんぼ、これらくらいしか食べません。しかもほんの少量・・・
バナナ、リンゴ、メロン、イチゴ、柑橘類色々、イチジク、アップルマンゴー、ビワ、これらは何度試しても手からあげた時だけ申し訳程度に舐めるだけで、すぐにぽいっとしてしまいます。
りんごとかバナナとか食べてくれる、我が家の経済事情に優しい子になってほしいものです。

ミルワーム・・・・・・・・・大好きです。ほっとけばいくらでも食べるんだろうなぁと思います。でも一日3匹程度しかあげていません。

プクプクミルク・・・・・・・足りない栄養素はこれで補っていると言っても過言ではない色々混ぜた甘目のミルクです。
プクプク言って食べるのでこう呼んでいます。
モモンガミルクをメインにモモンガ用のグライダーズエイド、オウム用のローリーネクター、鳥のヒナ用のオリジナルフォーミュラー、を混ぜ合わせたものです。
本当はネクトンという栄養補助剤に憧れています。鳥さん用がメインでしたが、最近はフクロモモンガ用も出ております。
が、いかんせん高い・・・この混ぜこぜで成分的にはネクトンSと同等になるような感じなので、量も稼げるしこれで勘弁してもらっています。
色々、食べてくれるなら少量のネクトンでいいのにな・・・
何というか見た目もかっこいいしw

ちなみに我が家で使っている物は2012.02.18の記事で画像紹介させていただいてます。

憧れのネクトン達。左上からモモンガ用6980円 右上、ローリー用、ネクトンS10584 円
左下、ネクトンBIO 下真ん中 ネクトンMSA 右下ネクトンQです。
他にもまだ色々あります。

nekutonn.jpg


ミルクはほっておくとヒナコは口をつけずコタロー君が一人で全部食べてしまうので、ヒナコには手ずからであげています。
しょうがないから・・・といった感じで少ししか食べてくれませんが・・・
もっと食べないと、きくらげお耳が萎びるし、ツヤツヤ美人になれないよ・・・ヒナコ

p00065.jpg

肉or魚・・・・・・・・・・・やはり大好きです。基本的には茹でササミをあげることが多いのですが、刺身用を茹でたマグロでカツオでも、豚肉、牛肉、ラム肉でも何でも食べます。
特にヒナコの肉に対する執着心は凄いです。しかもコタロー君の10倍位の速さでカスも出さずに食べます。
メスの方がタンパク質を必要とするからでしょうが、とても、シュガーグライダーとは思えません。
フクロモモンガの皮を被った小型肉食獣かよ!って思う事もしばしばです。
ほっておくと肉しか食べないので、これも量を調整して監督下であげています。
              
野菜・・・・・・・・・・・・色々試しましたが、最近はトマト以外の物を食べているのを見た事がありません・・・
しかも皮をむいた甘目のプチトマトしか食べません・・・

卵系・・・・・・・・・・・二人とも好きです。これはモモンガ用卵焼きです。油を引かずに、すりおろした野菜や、カルシウムなんかを混ぜてメイプルシロップで甘目の味にして焼いています。写真の物はニンジン入りです。青梗菜もよく使います。野菜を食べないので考えた物です。
ちなみに私は甘い物が苦手なので、人間も食べれる物ですが、残りはもったいないけど捨てています・・・

00014.jpg

うちのコ達の毎日の食事はこんな感じで、その他、色々とオヤツ的な物を食べさせています。
コタロー君は豆腐やヨーグルトも少しは食べます。
なので、まぁ好き嫌い多めの普通のフクロモモンガという感じなのですが、、ヒナコに関しては、とにかく肉食な上、人間が食べる味の濃い物(タイ育ちだからか辛い物ですら平気なんですよね・・・)や、まさかこんな物食べないだろうと思うような物でも食べてしまう事があります。

お菓子やスナック等には二人ともそそられる様で、封を切っていなくても破って食べようとするので、うかつに出してはおけず色々注意しているのですが、野菜や果物は逆に食べて欲しいので、色んな所に置いています。
でも、そちらは全く無視ですので、特にヒナコには家に来るまでの間何を食べていたのか聞いてみたいものです。

盗み食いが見つかるとサッと隠れるのも、出してた自分が悪いので怒った事はないのに不思議です。


そんなヒナコ達にココナツをあげたらたらかなり喜んでいました。
ジュースも中のコプラもお好みの様子です。
にしてもココナツを割るのはかなり大変でした。
生ココナツはあまり売ってないので、もっと手軽に手に入るものを喜んでくれればなぁ・・・
でも植物系の物を食べてくれるとなんだかとても嬉しいです。

p00060.jpg

p00061.jpg

p00062.jpg



ジャンル : ペット
テーマ : フクロモモンガ

おやつ?はミックスベジダブル

なんだか、パタパタしていて更新が出来ず少し日にちが開いてしまいました。
まだ慣れていないせいか、元々トロイのか結構ブログの記事をアップするのに手間取ってしまいます・・・

コタロー君とヒナコは相変わらず元気にしています。
殆どイチャイチャしなくなり、普段通りの生活に戻りました。
もう平気で各々違う場所で寝ていたりします。
という事はヒナコはご懐妊確定という感じなのかもしれません。


好物の一つのグリンピースを食べているヒナコです。
とはいえ先にお肉をあげてしまうと見向きもしなくなりますが・・・(笑)

p00059.jpg


コタロー君も「なんか頂戴」とピンクの鼻をのぞかせています。
両方ともよく相手を平気で踏みつけにしています・・・
いつも思うのだけれど、あの爪で踏まれて痛くないのでしょうか?

p00063.jpg




二匹をペットショップで飼った時に、ミックスベジダブルをあげていると言っていたので、我が家でもあげています。
ヒナコはグリーンピースが、コタロー君はコーンが好きです。
にんじんはどちらも無視します・・・
フクロモモンガはそれなりに大食漢ですから、本当に野菜系も果物もペレットも食べないコ達なので、栄養があるかないかはともかく、そこそこの量を稼げるので重宝しています。

その他、色々と栄養補助剤的な物は揃えてはいますが、ミルクに混ぜて置いておくとコタロー君だけが先に全部食べてしまう事も多く過剰摂取があまり良くない成分が含まれている為、結局ヒナコには手ずからであげています・・・
彼らが起きてくる時間もまちまちなので、時間が無い時はちょっとしんどいです。
というかもしかして過保護すぎるのかなぁ。
人間がこんな好き嫌いばっかりしてたら、かなり怒るだろうなと思います。

ブログを始めた事で、モモンガを飼っている飼い主さんから家では主食にこれをあげているよ、とか、こんなのもあるよ、と教えてもらえたので、あきらめていたペレット系をまた試しでみようと思っています。
なま物系しか食べない今の状態だと一日も家を空けられないし、バランスを考えるのが何気に疲れますから。

嬉しい事に、子供が生まれたら飼ってくれるかもしれない、とっても優しそうなな方がコメント下さったので、子供はペレットを食べてくれるあまり手間のかからない子になって欲しいなぁ。と願っています。
その為にはまず親が見本をみせなきゃです。

有償でもと言って下さっていたのですが、可愛がって育てて下さるのなら、こちらが感謝すべき事だと思っていますので、最初から無償のつもりでした。
更新もせず、それをお伝えできなかったので、また見に来て下さるといいのですが・・・
折角の出会いがあり大事な時に更新出来ず、反省しきりです。

猫にかつぶし フクロモモンガにミルワーム

フクロモモンガを育てる上で皆さん悩むのはミルワーム等の虫を食べさせるか否かではないでしょうか?
大抵の女性は好物とは知ってはいてもウネウネさん達には抵抗があると思います。

私はあまり虫に抵抗が無いタイプなので、ミルワームを与えております。

すみませんが、この先にはミルワーム等の写真がありますので、虫が苦手な方はご注意下さい。

もしかすると、専用フードを食べてくれて、フルーツも野菜も食べるいい子なら虫は必要ないのかもしれません。
でも、うちの子達は我が家に来た当初からフードを食べませんでした。
お店で食べているという物を購入し色々手を尽くしましたがダメでした・・・

ので、モモンガが大好きだというミルワームなら食べるだろうと、最初はイースターの「天然素材シリーズミルワーム 35g」
をおやつとして一日5匹位づつあげる事にしました。
こちらは高温スチームの生タイプという触れ込みの缶入りタイプの商品です。
虫嫌いの方には非常に申し訳ないのですが、ごらんのようにかなりたんまり入っております
買ってみようかなと思っている人の参考になればと載せていますが、嫌いなのに見ちゃった人には申し訳ないです。


food02.jpg


あげてみるとそれはもう大喜びでした。

でも所詮は死骸。開封後は冷蔵庫に入れていても一週間持つかも怪しいので、15匹位づつラップに包み冷凍し、
あげる時には手のひらで温めて解凍してあげていました。
正直その作業は面倒でしたし、その上色々調べると、おが屑などでで育てたワームは脂肪とリンばかりでカルシウムとの比率が悪くもっちゃん達の体にはあまり良くないとの事。
という訳で生きた物を買ってきて、我が家で2~3週程度育てて多少なりとも栄養バランスを整えてから与えるという方向に変えました。

今日は恒例の5日に一度のワーム牧場の掃除日で、ワームと敷材をフルイにかけ、ワームの状態をみて選別及び補充し、新しい敷材の中に入れるという作業を行いました。
敷材はフスマがいいようですが、我が家ではフスマが近くで手に入らないのでパン粉を粉砕した物をベースに敷材を作っています。
そこにももんが達が食べてくれない、モモンガフードやらビタミンD3やらエビオス錠やらを粉砕して混ぜ込み、やはり食べてくれない野菜を入れてます。

何回か脱皮を繰り返すと結構な大きさになるので、最初はちょっとビックリしました。
しかも、育ててるとなんだか妙な愛しさまでこみあげてきます。
でも二匹が美味しそうに食べるのを見ると、まぁ喜んでくれてるからいっか!とすぐに忘れてしまいますが。
おっとり気味のコタロー君も、ワームを食べている時は心なしか野性味溢れる男前になっているような気がします。

p00032.jpg


缶詰の物を与えていた時は、外殻のカスを沢山出していたのですが、脱皮したての生ワームだとカスを出しません。
殻にはキチン質が含まれているので、あまり繊維質を取らないうちのコ達にはその面でもいいかなと思っています。

ただ今回のワーム達はあんまり体に良くなさそうです。
いつもはペットショップで小さいワームを買ってきてるのですが、今回ネットで個人の方から購入してみた所、もう3/2以上は最終脱皮を終えたかと思われる大きさで既にサナギになっているものも結構いました。

牧場で栄養改善する余地無しのモノが殆どでしたので、ほぼ捨て、それでも小さい物を選んでワーム牧場に入れては見ましたが、精々3回程度しか脱皮出来なさそう。
もったいないなぁと大きいのも4匹程度入れておいた所、やはり一匹は蛹になってしまいました。
おが屑でもそこまで育つなんて、ある意味大したものです。

p00031.jpg


何故だろう、ワームの時はウネウネっぷりが可愛いとさえ思えるのに、蛹は見てても気持ち悪い・・・
掴むとなんかビクン!ビクン!ビクビクッ!って動くしのも凄く不愉快・・・
結構色々な虫をを卵から成虫になるまで育てた事があるので、蛹慣れしてないわけじゃないのに
何故この蛹が気持ち悪く感じるのか不思議です。
でも、蛹になりたてで、固くはなかったので、一匹だけだしヒナコに食べてもらいました。
普通に食べていましたが、案の定、固いと思われる頭はポイッでした。
残すのは構わないけど私に向けて投げるのは止めてくれ・・・


もう二度とワームを蛹にはしないぞ~~~~~~~~!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。