FC2ブログ

ももんが三昧

二匹のフクロモモンガと二人の人間の同居生活を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IMG_8551.png


未だに見て下さる方がいる事に驚いていると共に、嬉しく思っています。

ブログのシステム的な事を失念しており、草稿を投稿など迷走していましたが、
やっと本当の意味で色んな事を思い出せた気がしますので再度更新させていただきます。

ひなこもコタも同じ場所、放し飼いで元気にくらしています。
もう6歳になりますね。
相変わらず子作りはしていません。
自我が強いひながコタローを受け入れられない所もあります。

更新をしなくなったここ4年。色んな事がありました。
とてもショックな事があり、茫然自失となりつつ頑張りましたが、
もっちゃん達の事に関しては特殊ともいえる環境下なため私が離れました。
ただ、見守る事だけはしてます。

ももんがと言う動物はすべて可愛らしくずっと共に生きて来た動物なのですが、
現在飼えるももんがの中でも、
フクロモモンガは人間に懐きとても愛らしく、賢く、自我をもった生き物です。

その上本来は自由でそしてとてもメンドクサイ生き物です。
挙句、つがいで飼うと普通は年に4匹の子供を産み、少なくとも10年は生きるのです。
私はその子供達を優しい方に引き取っていただけたらと思いこのブログを始めました。
15年生きる事も可能だと離れた今でも思っています。

どうぞ今飼っていらっしゃる方々は大事にしてくださいね。


状況の変化で私がまたもっちゃん達と暮らす事もあるでしょう。
その時は、一年半前から一緒にいる公園生まれの猫と二匹が仲良くしている事と思います。

画像のUPがどうしても上手く行かず、猫の方が大きくなってしまいましが、また落ちて台無しになるのが嫌なのでこのままにさせていただきます。
IMG_4491.png


スポンサーサイト
[ 2016/12/30 07:11 ] 動物 | TB(0) | CM(0)

シマ模様仲間?アメショのG君が遊びに来ました

昨日はG君が遊びに来てました。
大人しくて、体をスリスリするのが大好きな若者です。
G君は昼間結構自由にさせてもらっているので、
買い物から帰って来た私を見つけるとトテトテ走ってきます。
凄く、可愛いんですよね~♪

そして、私が荷物で手一杯なのをいいことにそのまま一緒に家の中に入って来てしまいますw
宅急便やさんが荷物を届けに来た時も、よくサッと入ってきますw

いつも、仲良くしてくれてありがたい事なのですが、放し飼いのコタ君達がいるので
いつでも遊んでっていいよとは言えません。

昨日は出かける前にコタ君達を寝室に隔離していたので、平気だなと、家にそのまま入れました。


玄関に置きっぱなしのビールに身体をスリスリ

     p000102.jpg




お風呂場チェック 何故か毎回必ずチェックされます。
いつも、散らかっててすみませんねぇ・・・

     p000103.jpg



リビングで20分程、一通り遊び、(いろんな物が写りこみすぎていて画像はすべてボツとなりましたw)
少しは満足したかな?&飼い主さんが心配するかな?と思ったので、抱きかかえ家の外へ戻ってもらいました。
G君はドアを開けても、遊んだ時間が短いと自分では出て行きませんw
いや~G君、外人さんだからか、男のコだからか、今まで自分が飼った事がある猫と比べてもかなり重い!
また、遊ぼうね~とサヨナラしました。

     p000101.jpg




さすがにコタ君も男のコ。私がG君の匂いをつけたままで、手をカバンに入れると、私だと理解するまでの間怒ります。
ので、手を洗いご機嫌取りのオヤツをあげました。

  p000104.jpg


普通にプクプクしてましたw
浮気?しちゃったけど、へそは曲げてないみたいなので良かった♪




[ 2012/05/25 14:25 ] 動物 | TB(0) | CM(4)

素敵な小型有袋類達 ~フクロネコ フクロアリクイ~

世の中にはかっこよかったり、可愛い生き物が沢山います。
もちろん家のフクモ達も可愛いのですが、実は彼らを飼うまで私はアンチフクロモモンガでした。

それには、個人的な思い込みを含む様々な理由があるのですが、それはまた別の機会に書くこととして、
フクモ達を飼うまで、私は有袋類の事をあまり知りませんでした。
知っていると言えば、コアラ、カンガルータスマニアデビル、ポッサム位でした。

コアラに関しては、色々な事が不憫だとは思うものの、どこが可愛いのかさっぱりわからなかったし、カンガルーに至ってはパンチされそうになって、あのムキムキさが半分トラウマになっていました。

でも、フクモを飼うようになって、同じ様に生きている小型有袋類の事を調べるにつれて
自分のタイプにドンピシャな生き物が沢山いる事に気づきました。

まずは、ヒメフクロネコ 多分Northern Quollと呼ばれているものと、Northern Native Cat と呼ばれているものと同じかと思います。
バンビのような模様がたまりません。
勝手に人様のブログの画像を使ってはいけないと思っているので、海外のサイトから画像を拾っているのですが(結果的には外国の方も人様で同じですが…)
英語がさっぱりな物で間違い等もあるかもしれません。気付いた方はご指摘くださいませ。

ヒナコもよく同じような感じで虫を食べています。
マキャッっとした感じがたまりません♪

0b9c871e 姫フクロネコ


寝ている姿も可愛い♪
imagesCAE14ZR2.jpg


猫っていうよりネズミにしか見えないw
水玉フクロネズミって呼びたくなります。
p00098.jpg


ちなみに大きい方のフクロネコはこんな感じです。
やはりタスマニアデビルと同じ仲間なんだなと感じるお顔立ちです。
p00099.jpg





そして、フクロアリクイ。普通のコアリクイも可愛いなぁとは思っていましたが、
フクロがつくと全然別の生き物で途轍もなく可愛い!
なんかポケモンに似ているのがいた気がするんですが、生きて本当に存在しているのというのがたまりません。
「ダーヴィンが来た」で昔フクロアリクイの事を放映していたようなのですが、見そびれてとても残念に思っています。
http://www.nhk.or.jp/darwin/program/program110.html
番組HPでも可愛い姿が沢山みられます♪

p00100.jpg



赤ちゃん可愛いっ!
numbat20in20handta2.jpg



ペロペロされたいなぁ・・・w
gall8.jpg



やはり絶滅の危機にある彼らですが、コタ君達のお世話をしなくなる日が来たら、一目遠くからみるだけでいいので、会いに行ってみたいものです。




[ 2012/05/15 19:00 ] 動物 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。