FC2ブログ

ももんが三昧

二匹のフクロモモンガと二人の人間の同居生活を綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フクロモモンガ用ネクトン等 買ってみました

迂闊でした。フクロモモンガの食生活を知るにつれ、もしかして?とは思っていたのですが、フクロモモンガは人間やモルモットと同じように体内でビタミンCを作れない事を知りました。
なら、殆ど野菜や果物を食べないうちのコ達に対しての自分の給餌は間違っているのでは?
と思い、初心に帰るべくVCが入っているフクモモ系フード達を購入してみました
  
今まで何種か試しフクモフードは食べないと思っていたのですが、サンコーハリネズミフードは多少食べるので、今回はサンコーの物を購入。
実はこちらの商品は安いので良くないのかなって勝手に思い込み試してなかったんです・・・
サンコーさんごめんなさい。

p000105.jpg


こちらのモモンガフードは驚く程甘~い匂いがします。
さすがシュガーグライダーって呼ばれる生き物の餌だな~と思います。
コタ君が好きそうな匂いですw
そしてハリネズミフードと同じく、ペレット自体が小さい。食べやすそうです。
ほんの少量ですが、2匹とも食べてくれました。やったね!
2匹は最近半生タイプの野菜入りドッグフードも食べています。
肉っぽいので、やはりヒナコの方が結構食べます。
前に5歳のフクモを飼っている方が、野菜や果物の他はそれで健康で元気だよと教えてくれたので、真似してみたのですが、実績がある方からの色々な情報は初心者には本当にありがたい♪

そして、モモンガ用ネクトンも、出て間もない上高いので二の足を踏んでいましたが、やはり評判がいいので買ってみました。
今までの我が家の、栄養補助用系まぜこぜミルク、俗称「プクプクミルク」はフクロモモンガ専用の物と言えばグライダーズエイドしか入っていなかったんですよね・・・。
やはりネクトンも甘~い香りがします。オウム用のローリーネクターよりも匂いが甘~いですw
そのままでも飲みますし、混ぜた物も喜んで飲んでいました。さすが有名どころのネクトンさんです。
あとは、二匹は入らないよな・・・と思いながらお出掛けにいいかなと買ったポーチや、オマケでついてきたものなどです。(やはり二匹は無理でしたw)

結局、我が家の「プクミル」は、モモンガミルク、ワンラックペットミルク、グライダーズエイド、鳥の雛用オリジナルフォーミュラー、フロモモンガ用ネクトン等をを混ぜた物となりました。人間が舐めてもまぁ美味しいですw
でも取りすぎは、肝臓や腎臓に負担がかかるので量には注意しながらあげています。

使い回し画像ですが家の色々です。

フロモモンガ 栄養補助サプリ


好き嫌いが無ければ、モモンガフード&野菜果物と少量の動物性たんぱく質、補助系一種類位を食べているのが一番いいんだろうとは思っています。

ただ、去年迄家にいた大陸モモンガ達は、日本の天然記念物のエゾモモンガ(大陸モモンガの亜種)とは色ぐらいしか違いが無く、交配可能な事から、国内での飼育が2006年には禁止されました。
私がPCを触るようになった頃には、もう飼い主さん達は皆ブログも止めていて、情報も少なく(当時はアメリカモモンガにも輸入規制がかかっていました)私もマイクロチップの埋め込み等をしなかったので、声を大にして飼っている事も言えず、今のように色々してあげる事も出来ませんでした。
大陸モモンガが特定外来生物に指定された事には内心で色々とお国に対して思う所もあります。
もう法律で決まってしまったのだから、今更何を思っても仕方ないのですが・・・
エゾモモンガに対しては後から呼んだって遅いんだから、トキのようにしないでね。
とでも負け惜しみをいうしかありません。
ちなみにトキが絶滅したと思っている方がいるようですが、日本に住むトキがいなくなっただけで、生物学上では絶滅していません。
学名が日本固有種みたいな名前なので絶滅したと思っている方は多いようですが、中国のトキも日本のトキも亜種ですらなく全く同じなんですよね・・・

話が脱線しましたが、私には彼らにとっての9年が幸せだったのか判りませんし、とても臆病な生き物なのに懐いてくれていた分だけ、酷いペットロスにもなり、もっとこうしてあげれば良かったのでは?と悔いばかりが残っています。
私にとっては一生飼い続けたいと思っていた生き物でした。
 
p000107.jpg


フクロモモンガも元々日本に住む生き物ではないので、突然なんらかの理由で飼ってはいけない生き物になってしまうかもしれません。
そのせいもあり、どうしても、コタ君達に対しては悔いを残したくないと考えてしまい、やりすぎっぽくなってしまっているかもしれません。

とは云え、そんなこちらの思惑には我関せずで、、ほっとくと私の上で寝転がりながらコーンばかりを食べるコタ君の無防備さには思わず笑ってしまい癒されます。

p000106.jpg


最近はコタ君もヒナコ同様、呼べば変な所で寝ていても、顔を出してくれるようになったので、可愛さもひとしおです。





我が家のフクモモ達も以前は違うメーカーさんの物を与えていましたが、サンコーさんに変えてから明らかに食いつきが良くなったのでお世話になっています。現在2袋目に入りましたが、チビモを含め飽きずに食べてくれてます! いずれコタ・ヒナベビーが生まれた時、サイズ的にも加工せず離乳期に与えやすいかと思います。
ネクトンも高いですけどネ~、キャプキャプ喜ぶので止められなくなってしまいました(^^ゞ

hachiさんがコタ・ヒナチャン達を飼うまではいろいろな事があったのですね~。深い事情や想いを知らない私がおこがましいことは言えませんが、御縁あってやってきたコタ・ヒナちゃんとの生活を楽しんで下さいネ♪ ペットロスで後ろを振り返りながらも、時には後退しながらも、お顔は前を見据えていれば道は開けてくるかと…(^_-) 大陸モモンガちゃんも、hachiがhachiさんらしくお世話している姿がどんな事よりも嬉しく 見守ってくれていると思います。


[ 2012/06/01 23:37 ] [ 編集 ]
色々勉強になります。
コタくんとヒナちゃん少しでも食べてくれて良かったです!
モモンガ用ネクトン、量も価格も半分くらいのサイズのものがあればいいのになーとか思います^^;

>「私にとっては一生飼い続けたいと思っていた生き物でした。」
こんな風に思える生き物と出会えるってすごいことだなと思いました。
[ 2012/06/02 00:04 ] [ 編集 ]
momo様

いつも、優しいお言葉をありがとうございます。
MOMOさんの家と同じだというのは、とても安心感があります。
もし、ベビーが生まれてもこれでペレットに悩まなくてすみそうで、かなりほっとしました。

コタ、ヒナともに今もそれなりに食べているので、外出時もあまり頭を悩ませずに済みそうです。
これから夏場でなま物ばかりだと、どうしても不安でしたから。

前のモモンガ達はエゾモモンガにでも生まれ変わって、自然の中で自由でありながらも保護され、人間に好かれながら生きていってくれてたらいいのにな。などと時々バカな事を考えています。







[ 2012/06/04 10:57 ] [ 編集 ]
nanokawaさんへ

コメントありがとうございます。
確かに一匹だと、期限の問題もあるので使いづらいですよね。

大陸モモンガを一生飼いたいは叶いませんでしたが、そこはエゾモモンガを見て心を和まさせてもらい、今はコタ、ヒナを出来るだけ幸せにしてあげたいな。と思っています。
[ 2012/06/04 11:28 ] [ 編集 ]
こんにちは(⌒∇⌒)
ご訪問&コメント、ありがとうございました!

タイモモちゃん、めちゃくちゃかわいい~(*^^*)
私が飼いたいと思った頃にはもう飼えなくなって
いました。
もしまたタイモモちゃんが飼えるようになったら、
絶対お迎えしたいです。
2番目に飼いたいと思っていたアメモモちゃんも
その頃は殆どいなくて、あちこち探しまくって
やっとお迎えする事が出来たんですよ~。

今は簡単に手に入るし、テレビの影響からか、
懐くのが当たり前と思っている人が多いみたいで、
飼育放棄などの話も聞いた事があります。
悲しいですよね(・_・、)
[ 2012/06/05 18:13 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
mifaさんへ

わざわざこちらへもご訪問ありがとうございました。
なんというか、とても嬉しいです。

mifaさんもタイモモ好きだったんですね!
アメモモも当時は規制がかかって本当にいませんでしたよね;;
でも、きょろみにちゃん達はmifaさんの様な方に迎えられて本当に幸せだと思います。

実はタイモモの事で悩んでいる時に何度かmifaさんの所にお邪魔させていただいております。
とても立派に育ててらして、デリケートな生き物なのに、子供を安心して産ませる事が出来るなんて、
凄い方だなぁと前から尊敬しておりました。

一言で言うと、憧れの方なので、わぁ!という感じでご訪問&コメにびっくりしておりますw
私もブログやって良かったなーとw
また、お邪魔させていただきますので、可愛いきょろみにファミリーの姿を見せて下さいませ♪
[ 2012/06/11 11:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。